Welcome to the web!
HOME>> 大学院研究生
日本大学院直通
 爛漫カラフルな桜、壮麗な富士山、それは日本であろう。あこがれを抱かせる国だ。勿論、桜や富士山は日本のすべてではなく、ただのイメージとはいえる。実際、引き付けられたは、その先端的な科学、魅力的な異国の風情、美しい漫画、あるいはあるドラマの主人公かもしれない。ソナタのため、万のソナタに近づく理由があるだろう。
 さて、君は夢のために何かの計画を立てたか?君は日本へ留学するため、もう必要な情報を集めていたか?情報収集の不足でまだ日本語学校にするという旧い道を選ぶか?もし、君は大学を卒業し、且つ学士の学位を持てば、日本語学校に「NO」を言ってください。偶然だったかも知れず、君は蔚藍と出会って、君に青い空を連れてきて、大変幸運だ。では、「蔚藍」へようこそ!君の蔚藍の夢を持って入ってください。「蔚藍」は、君の日本の修士学位を獲得する夢を応援し、大学院に進学したい君を蔚藍の空へ連れていく。
 日本の国立公立大学は基本的に大学院を設置し、外国人留学生を募集している。さらに修士と博士課程の進学に向けての研究生制度がある。実は、研究生制度は修士と博士課程の予備段階だと理解してもよい。修士と博士課程の入学試験は日本だけで実施され、外国人留学生にとって試験に向けのビザが非常に取りにくいという原因をも加えて、日本の大学院に直通する道は遮られた。しかし、研究生という課程は、試験を受ける必要ないため、まず研究生として入学し、一定期間の勉強と研究を通じて、次に修士と博士課程の入試を受けるのは、唯一なルートと認めされた。以前、情報収集の手段は少ないので、多くの留学生は日本での日本語学校を通い、その後自分限りの力で苦労して大学院を探していた。それは、大きく回り道をして、必要のない損失をもたらした。
 その理由は簡単にまとめると、次の四点がある。1、日本語学校に向けてのビザ拒否率が高い。2、時間の無駄 3、お金の無駄。4、日本語学校を卒業した後、大学の教授とうまく連絡が取れず、順調に進学できない。
 以上の話で、日本の大学院への進学ルートについて新たな認識を持つようになったでしょう。君はきっと正しい選択が作り出せるだろう。それなら早く行動しょう。
 皆、我々のような最も権威の日本大学院進学を支援する教育機関と一緒に頑張ろう!
 
日本語学校と大学院についての対照表

日本語学校
大学院研究生
募集条件
高校以上の学歴で可能
募集条件
大学卒業生または学士の学位記を持つ者
進  路
研究生、大学院修士課程、帰国
進  路
大学院修士課程
費  用
費  用
選考料
3万円くらい      
検定料
9,800円   
入学金
10万円くらい    
入学金
84,600円      
学 費
60万円/年くらい   
学 
356,400円/年
寮 費
3万円/月くらい
(36万円/年)
寮 費
会館:5,900円/月
民間アパート:3万円/月くらい
生活費
4万円/月くらい
(24万円/半年) 
生活費
4万円/月くらい 
(24万円/半年)
総 計
130万円くらい
総 計
75万円くらい

 
住所:810-0041 福岡市中央区大名2丁目4-38-403
電話番号:092-404-3553    ファックス番号:092-404-3553    携帯番号:080-3979-6688